ゲートペッカー




 鋳物工場には鋳物から湯道や押湯を分離する工程があります。25年ほど前には、その作業は主にハンマーで行われており、重筋労働と云われるキツイ作業でした。また当時は高性能の造型機を導入し生産性が向上しても、この工程がブレーキをかけることが多い、と業界で云われておりました。
 これらの問題を改善するために誕生した機械がゲートペッカーで、最初から販売を目的に作られたものではありません。この必要に迫られて鋳物工場で誕生した機械は、その後他の鋳造工場の共感を得て口コミで広まりをみせました。現在ゲートペッカーはハンディで生産性向上と環境改善の有効なツールとして、多くの鋳物工場で活躍しております。

機械は  ・本体(ツール)部 ・油圧ユニット部 ・吊機構部  から構成されております。

特 長
  1. 無理のない楽な姿勢で作業ができ疲労が少ない。
  2. クサビ部が刃先先端がら飛び出さない機構のため使いやすい。
  3. 刃先面は平滑で対象鋳物へのダメージが少ない。
  4. 構造がシンプルでメンテナンスが容易。
  5. 機種が豊富で多くの用途に適応。

機 種・仕 様


 本 体(ツール)
ライン 腰 高 フロア
型 式 標 準 型 自在式 標 準 型 自在式
外観形状
特 長 片手操作(一部) 上向下向,軸回転 シンプルで使いやすい 上向下向,軸回転
機 種 GP-MN,-DM,-5VS GP-DF,-5FK,(-10S) GP-5LV,-10M,(-20) GP-10F,-20F
鋳物ワークを腰の高さで破断する場合は腰高ライン、足元の場合はフロアラインです。
刃先部が上向下向、左右、軸回転と自在に動くため使いやすい機構となっております。
又刃先の差込幅が一定しない(狭い広い)場合は自在式が適しております。


 仕 様 [本体] [吊機構]
本 体 吊 機 構
機種
1)
ライン 型式 全長
(㎜)
重量
(㎏)
破断力2)
(t)
ビル開き巾 ビル寸法 ジャッキ 機構 油圧ホース バランサー トロリー
最小部
(㎜)
最大部
(㎜)
有効長さ
(㎜)
先端巾
(㎜)
先端角度
(°)
能力(t)×
ストローク(㎜)
WR
3)
BN
4)
内径×長さ
(㎜ø×m)
最小/最大
(㎏)
最大荷重
(㎏)
GP-MN 腰高 標準型 330 5 5.5 10→24 28→42 70 26 14 2.0×60 5×6 4.5~9 60
GP-DM 腰高 標準型 400 8 9 11→32 35→56 100 35 14 3.5×80 5×6 4.5~9 60
GP-DF 腰高 自在式 600 11 9 11→32 35→56 100 35 14 3.5×80 5×6 9~15 60
GP-5VS 腰高 標準型 570 15 14 12→42 47→77 130 40 16 5.5×100 6×6 15~22 60
GP-5FK 腰高 自在式 640 17 14 12→42 47→77 130 40 16 5.5×100 6×6 15~22 60
GP-5LV フロア 標準型 750 15 14 12→42 47→77 130 40 16 5.5×100 6×6 15~22 500
GP-10S 腰高 準自在式 580 25 27 14→46 66→98 180 50 17 10.5×100 9×6 22~30 500
GP-10F フロア 自在式 820 33 27 14→46 66→98 180 50 17 10.5×100 9×6 30~40 500
GP-10M フロア 標準型 770 25 27 14→46 66→98 180 50 17 10.5×100 9×6 22~30 500
GP-20 フロア ハウジング 750 45 40 18→46 90→118 180 50 24 20.0×100 9×6 40~50 500
GP-20F フロア 自在式 950 54 40 18→46 90→118 180 50 24 20.0×100 9×6 50~60 500
1) 旧機種は全機種をご覧下さい。機種選定は機種選定をご参照下さい。
2) 70MPa設定時。
3) ウェアリング付ジャッキ。
4) スライダー(クサビ)とロッドとの接続はボルトナット。


 油 圧 ユ ニ ッ ト  仕 様 [油圧ユニット]
コンパクト型 標準型・高速型
項目(単位) 型式(セット記号)
コンパクト型
(本体機種/R)
標準型
(本体機種)
高速型
(本体機種/Ex)
電圧       (V)    5) 200 200 200
電動機出力  (kw) 2.2 3.7 3.7
圧力       (MPa) 7~70 7~70 7~70
吐出量    (ℓ/Min.) 50Hz 5.8~2.2 12.8~2.0 18.7~3.6
60Hz 7.0~2.7 16.0~2.5 22.4~4.3
作動油     (ISO VG) 32 46(56)68 46(56)68
オイルタンク  (ℓ) 22 50 50
重量       (kg) 65 270 270
重量クーラー含(kg) 330 330
5) 海外向380V、415Vもあります。
6) ショ 標準型及び高速型のオイルクーラーとオイルクリーナーはオプションです
7) これらの油圧ユニットは全ての本体と接続組合せが可能です。但しコンパクト型と大型機種(GP-20又はGP-20F)との組合せでは、速度が遅くなりますので注意して下さい。



Copyright©2006 GATE PECKER All rights reserved.